ブログ

店舗の集客にお困りの個人事業主・中小企業におすすめの方法

今までの集客方法はお金が掛かるわりには効果がうすれている

店舗の集客の方法としては昔からいろんな方法があります。

よく言われるのが
・新聞折り込み
・ポスティング
・フリーペーパーへの掲載

個人事業の定番集客といえば新聞折り込みで部数とか配る地域にもよるのですが、意外とお金が掛かります。
5~10万ぐらいは必要でしょう。

その半面で効果は薄くなってきているとも言われています。

今は新聞を取っている人が減ってきているので折り込みを入れても見られません。
ポスティングもセキュリティが厳しいマンションには入れることができなかったりします。

フリーペーパーへの掲載や駅前でのティッシュ配りもお金が掛かります。
やっている人がいるので効果はあるのでしょう。

広告を出す際はどの広告をどれだけうつとどれだけ反応があるかを計測しますが、年々落ちてきているのではないでしょうか。

これは個人事業主や中小企業だけでなくTVCMを出すような大きな会社でもTVCMの反応が落ちてきていると言われています。

インターネットは費用対効果が高い

従来の広告に掛ける費用が落ちてきていると言われる反面、増えてきているのがインターネットによる広告です。

近年、スマホを持つことがあたり前になってきているのでネットを見る人が増えてきています。
人の集まるところには広告を出せるということになります。

yahooのトップページを開けると右側に広告が表示されています。
yahooのトップページを開く人は相当数いるのでべらぼうな広告費になります。

個人がyahooのトップページに広告を出すことなどできません。

ホームページを作るということはインターネット上に「自分の店の看板を出す」ということになります。
看板を出しただけでは誰も見ないので自分の店に興味をもった人に見てもらうことをSEO対策といいます。

多くの人に見てもらう必要はありません。自分の店に興味がある人だけでいいのです。
このことをホームページ作成の技術では「キーワード選定」といいます。

インターネット上で見てもらうために看板を出しても見てもらうのには時間が掛かります。

早く見てもらうためには「ネット広告」を使用して見てもらいます。

以上が「ホームページ」と「インターネット広告」です。

個人事業主や中小企業がビジネスをするためにはホームページは必須になってきています。

ホームページを制作する必要もネット広告を出す費用も新聞折り込みやポスティングと比較すると小さいので出さないという選択はありません。

-ブログ

Copyright© 京都市・亀岡市で集客ができるホームページ制作はウェブバリュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.