SEO対策のことならウェブバリューにお任せ下さい。

seo対策って何?

まず、seo対策とは何かについて説明をします。
seo対策を行うことでホームページにアクセスが増加して結果、問い合わせや売上がアップすることになります。

「seo対策」という言葉は認知度は高くなっていますが、内容を詳しくしっている人は専門的にやっている人になります。

ホームページへのアクセスを増やすための施策をseo対策と呼んでいます。

インターネットで何かを調べる時は、何かのキーワードを入力します。
検索結果で上位に表示することでホームページへのアクセスが増加します。

検索順位で1ページ目に入らないとそのページはほぼ読まれないということになります。
なのでseo対策を行って1ページ目に入るように試みます。

検索結果を表示する仕組みを「検索エンジン」と呼んでいます。

日本で使用されている検索エンジンはgoogleとyahooの2つで90%以上を占めています。
yahooもgoogleの検索エンジンを利用しているため日本での検索エンジンの結果はほぼgoogleが決めていると言っても過言ではありません。

検索結果を上位表示するためにはどうすればいいかというとgoogleが提唱するルールに従うということになります。。

seoは常に進化している

seo対策というと昔からいうとかなりの進化を遂げています。
昔であれば、上位表示したキーワードで日本語ドメインを取得すれば即効上位表示をする時期もありました。

また、たくさんのホームページからリンクを送れば上位表示できたり、ツールで作ったようなホームページでも上位表示できた時代もありました。

他にもいろいろありましたが、googleの進化によりほとんど以前のような効果はなくなりました。
少し前であればペンギンアップデート・パンダアップデートと呼ばれたものです。

「たくさんのホームページからリンクを送る」「ツールで文章を作る」というのはgoogleが禁止している行為であり、最悪googleからペナルティを受けて自分のホームページがweb上から抹消されることもありました。
見られないホームページには価値はありません、このようにならないためにもgoogleが提唱するルールに従ってホームページを作らないといけません。

現在ではコアアップデートと呼ばれるものが頻繫に実行されています。

グレーなseoの手法を用いているとgoogleのアップデートで検索の順位が下がり売上が下がることもありえます。

昔ながらの古いseo対策にこだわっているような業者は苦労しているはずです。
そういう業者は自社サイトも検索上位に表示されないため、電話営業をかけてきたりします。

本来、seoが得意な会社であればseoから集客をすればいいのですが、自社サイトもうまく行ってないので電話営業なのです。
このようなホームページ作成会社は信用しないほうがいいでしょう。

電話営業が必ずしも悪いというわけではありませんが、インターネットでも集客はできるべきです。

当社は問い合わせがあったお客様には電話をすることはありますが、やりとりの無いところに電話営業をすることはありません。

弊社は電話営業に頼る業者にならないように最新のseoを学び続けています。
古いseoに拘っている業者とは違います。

我々は常に最新のseoを研究している

googleが検索結果ををコントロールしているということはgoogleが決めたルールに従わないといけないということになります。

細かくいうとgoogleにはいろいろなルールがありますが、一言でいうと「ユーザーフレンドリー」を求めています。
ユーザーフレンドリーというと意味がわからないかもしれませんが、ユーザーが入力したキーワードに対してユーザーが求めている検索結果を返すということです。

検索者に価値のある情報を提供することで検索結果の上位を目指します。

我々も小手先のテクニックは使わずに有益なコンテンツを作ることでアクセスアップに努めます。

Copyright© 京都市・亀岡市で集客ができるホームページ制作はウェブバリュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.