ブログ

店舗のオームページにアメブロやfc2を使うべきではないのか?

無料で利用するリスク

昔に比べて少なくなりましたが、未だに無料ブログを公式のホームページにしている店舗があります。
またホームページはあるけど更新の部分を無料ブログで運用している店舗も見かけます。

ホームページを無料ブログで行うリスクについて説明を行います。
弊社は無料ブログでの運用は基本的におすすめしていません。

無料ブログのメリット

まず、はじめに無料ブログを利用するメリットの説明を行います。
・無料ですぐに始めることが可能
・ワープロイメージで簡単に更新できる
・集客ツールとして利用できる

大きくはこの3つでしょう。

無料ブログのデメリット

・広告が表示される
・店舗のイメージが損なわれる広告が配信される可能性がある
・一定期間更新しないとさらに広告が増える
・無料ブログのテンプレート変更は簡単ではない
・運営者の都合により利用できなくなる可能性がある
・身に覚えのない規約違反でアカウントが凍結される可能性がある
・SEO的に弱い。記事を追加してもドメインが育たない。

こんなところでしょう。
意外と多いです。

簡単に運営できるけど無料が故のデメリットも多いということになります。

突然、無料ブログのサービスを辞めるということもあります。

大手のyahooブログもなくなりました。
他社への移行ツールは提供されていましたが、ブログのURLは変わってしまいます。

無料ブログも意味もなく無料で提供しているのではなく広告で利益を上げるために運用しているので利益がないと辞めるのは仕方ありません。

提供会社は無料で提供しているけれどボランティアではなく別のところで利益を出しているということになります。

検索ユーザーには信頼されないのでは

無料ブログで作られたホームページを見て検索ユーザーはどう思うかです。

無料ブログとホームページの違いをわかってない人も多いかもしれません。
でもそれなりのデザインのホームページを持つことは当たり前になっています。

そういう人から見ると「えっ」という感じにはなるでしょう。
アダルトな広告でも表示されればそれだけでページを閉じられてしまうかもしれません。

無料ブログで綺麗に作っている人もいますが、全般的にはよい印象を与えないし信頼性も下がるということになります。

ホームページは独自ドメインでの運用がおすすめ

無料のホームページスペースでなくてもプロバイダが提供するスペースを利用して運用することもできます。

これは無料ブログのように広告は表示されませんが、運営者側の都合でサービス終了になることがあるのでおすすめしません。

おすすめなのは、「独自ドメイン+レンタルサーバ」です。

広告は表示されませんし、仮にレンタルサーバーのサービスが終了になっても同じURLで移転できます。
ワードプレスを使用すれば、無料ブログにはない機能が追加できます。

同じURL(ホームページアドレス)で移転ができるということは、seo効果はそのまま維持できるということです。
どのサービスにしても無料系のものはサービスが終了するとURLが無効になります。
なくなってしばらくは検索結果に表示されていますが、見ようとしても「not found」の表示がでて見えません。

お金は掛かりますが、ビジネスなのでお金を使ってお金を稼ぐということも必要ではないでしょうか?

-ブログ

Copyright© 京都市・亀岡市で集客ができるホームページ制作はウェブバリュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.